仙台市青葉区の行政書士事務所です。
離婚協議書・相続手続き・遺言書の作成
会社設立・建設業許可等 おまかせください
お問い合わせは090−8254−6728
行政書士 伊藤 佳恵(いとう よしえ)まで
営業時間9:00〜19:00 土日受付け可、初回のご相談(30分)無料です。

オススメ!40代の遺言書作成

「遺言書」なんて、死を意識し始めてから準備するものでは?
絶対とは言えないけど、自分はまだまだ死なないと思う!
…そう思っている40代の方がほとんどです。
もしもの時のためと分かっていても、自分に「もしも」は起こらないと考えるのが、普通の考え方でしょう。 しかし、「もしも」が起こった時、一家の支えがなくなって、一番つらい思いをするのは残された家族です。 遺言書を準備することで、少なくとも、残された家族の経済的な不安を取り除いてあげられます。
しかも、遺言書を書くメリットはそれだけではありません。
なぜ「40代の」としたか、理由があります!

40代で遺言を書くメリット

・人生の最期から順に時間を考えることで、現在を見直すことができます。
40代は、入社から退職までの中間地点で、それまでの自分の役割、 これからの仕事のしかたを見つめなおす絶好の機会です。
また、役職がついてそれまでより重い責任を負う人が増加するので、 仕事に対する心の持ちようをふり返り、環境の変化に負けない芯を確認する必要があります。

仕事以外でも、40歳は人生の中間地点です。
人生の終わりを意識することは、決してつらいとか、暗い気持ちになるものではありません。
終わりを意識することによって、一日を大切に過ごすことができるようになります。

・過去をふり返ることで、過去・現在・未来が、一本筋の通った人生になります。
遺言書を書く作業には、自分の過去をふり返ることも含まれます。
自分はこれまで、なにを大切にして生きてきたのか?
自分にはなにができて、なにができないのか?
これから、どのように生きていきたいか…。
人生の中間地点で全体を見渡すことは、とても重要なことです。
このように、遺言書を準備することは、これまでの自分をふり返り、リスタートを切ることにつながります。
遺言書は何度でも作り直すことができるので、40歳で作ったら次は50歳で、 または、定年したら新たなスタートとゴールを設定して、などと見直すことができます。

注意:遺言書は、自分の財産をどのように分配するかを遺族に伝えるものです。「遺書」とは違います。

遺言書作成のサポート内容

過去と未来の見直しが終わったら、ヒアリングをしながら
財産の分割方法を決めていきます。
内容が決まったら、実際に遺言書を作成します。

40代の遺言書

遺言書の作成をご希望のかたは、
TEL:090−8254−6728 または
E-mail:info@gyouseisyosi.her.jp
にご連絡ください!

仙台市青葉区の行政書士事務所です。
離婚協議書・相続手続き・遺言書の作成
会社設立・建設業許可等 おまかせください
お問い合わせは090−8254−6728
行政書士 伊藤 佳恵(いとう よしえ)まで
営業時間9:00〜19:00 土日受付け可、初回のご相談(30分)無料です。

ページトップへ
Copyright (C) 2010 あおい行政書士事務所 All Rights Reserved.
メニュー<個人向け>

メニュー<法人向け>

about me

>