HOME業務一覧遺言書の作成手順>書き終わったらどうするか?

仙台市青葉区の行政書士事務所です。
離婚協議書・相続手続き・遺言書の作成
会社設立・建設業許可等 おまかせください
お問い合わせは090−8254−6728
行政書士 伊藤 佳恵(いとう よしえ)まで
営業時間9:00〜19:00 土日受付け可、初回のご相談(30分)無料です。

遺言書の作成

自筆遺言の保管方法は?

遺言書を書き終わったら、誰にも分からないように保管したほうがいいのか、 それとも、家族に公表して、同意を得ておいたほうがいいのか…。

あなたならどうしますか?

誰にも分からないように保管すると、自分が死んでも見つけてもらえない可能性があるし、 逆に、公表したら改ざんされたり、生前から争いが起きるかもしれない。

ここは悩むところですが、ご自分の家族の状況を考えて決めてもらうようになります。

効果的なのは、遺言書の中で「遺言執行人」の名前を書いて、
その人に預かってもらうことです。

「遺言執行人」とは、遺言の内容の通りに遺産分割の事務をしてくれる人のことで、 家族の中の一人でも、知人でもかまいません。

ただ、遺産分割の事務は想像より大変で、遺言書があってももめごとが起きることがありますので、 あらかじめ当事務所にご依頼いただくと安心です。


<<前ページ 遺言書の作成手順




仙台市青葉区の行政書士事務所です。
離婚協議書・相続手続き・成年後見・遺言書の作成 おまかせください
お問い合わせは090−8254−6728
行政書士 伊藤 佳恵(いとう よしえ)まで
営業時間9:00〜19:00 土日も受け付けしています。

ページトップへ
Copyright (C) 2010 あおい行政書士事務所 All Rights Reserved.